芦屋・苦楽園の焼鳥日記

  1. 炭火焼鳥・阪森鶏輔のHOME
  2. 芦屋・苦楽園・北新地の焼鳥日記
  3. シャレッシャレ。

シャレッシャレ。

2021.02.22

シャレッシャレ。

阪森鶏輔の裏方中の裏方、YJ KOHです。



阪森鶏輔の遊び人、いや、兵庫県で87番目くらいの遊び人の料理人・園田氏が昨日何気に出してくれた一品。



なにこれ?

あのー、あれ。カタカナのお洒落な名前の、あれみたい。

あれやんあれ。

あの、シャッシャレな。

という僕。


となりの席にたまたま来ていたスタッフのウーちゃんは、アクアパッツァですか?

と。

ちゃうねん、それ、ちゃうねん。そんな家庭でできそうなやつじゃなくて。

もっとシャレッシャレナ。

アクアパッツァみたいに、家庭でできなそうなやつちゃう。



と、名前で悩んでいたら、右隣りにいた、だいぶハゲてきたから、人生最後のパーマをあてるとかわけわからんこというてるおじさん(身内です)が、

ブイヤベース。

ブイヤベースちゃいますのー。

と。



ブイヤベースちゃいますのーって。

あかん、関西弁とシャレッシャレは、あわんわ。

ブイヤベースちゃいますのーって。



東京人やったら、

それ、ブイヤベースですよね?



いいますやん。

ブイヤベースちゃいますのってー(笑 

で、

そう、ブイヤベースでした。



で、園田氏の出してくれた一品は、明日にはダメになりそうなくらい熟したミニトマトと鶏スープをなんかしたもの。



なんかね、美味しすぎて、泣きそうになりました。



一つも海鮮要素はないですけど、僕の中のブイヤベースの味は、これになりました。



料理って素晴らしいですよね、人を感動させる!

シャレッシャレにね!



3月7日まで平日は15:00~、土日祝は11:30~と昼間からディナー営業させていただき、20:00閉店となります。

 

夙川・苦楽園・芦屋で焼き鳥なら阪森鶏輔へ

一覧へもどる