芦屋・苦楽園の焼鳥日記

  1. 炭火焼鳥・阪森鶏輔のHOME
  2. 芦屋・苦楽園・北新地の焼鳥日記
  3. ワイン病。

ワイン病。

2021.03.13

ワイン病。

阪森鶏輔の裏方中の裏方、YJ KOHです。



今日もワイン病が発病しているので、ワインのご紹介。

なっかなかのワインでしたね、これ。

フランソワ カリヨン サン トーバン プルミエ クリュ ピタンジュレ ルージュという舌をかみそうな名前。

ぼくはピノノワールというぶどうの品種の赤ワインが一番好きなので、どうしてもピノノワール贔屓にはなってしまうのですが、このピノノワールはすごい。

まず、ファーストインパクトがやばい。

飲んだ瞬間、なんだこれ?ピノノワールじゃないのあけちゃった?

なんの品種だ?

と頭がパニックになるような味。

ワインの説明には「軽やかでバランスの良い味わい」って書いてあったのですが、軽やかさが微塵も感じない、ただなんかドンよりしてる。

あ、これ、もしかしたら時間がかかるやつかな、と思い、かなりしつこくスワリング(ワイングラスをまわしてワインと空気をふれさせる)したら、それはそれは上質なピノノワールの華やかな香り。

最初は全然なのに、時間が経過するにつれて、とても美味しくなります。

ピノノワールは基本的にデキャンタに入れないんですけど、これはデキャンタージュして呑んだ方がいいと思います。

これ、結構いい値段するワインなので、採用するかは微妙ですが、かなりのうまさですよ。

採用したとしたら、1万円くらいでの販売になります。

 

3月1日〜21日までは、17:00〜21:00の時短営業となります。

 

夙川・苦楽園・芦屋で焼き鳥なら阪森鶏輔へ

一覧へもどる