芦屋・苦楽園の焼鳥日記

  1. 炭火焼鳥・阪森鶏輔のHOME
  2. 芦屋・苦楽園・北新地の焼鳥日記
  3. ほほを刺激するタンニン。

ほほを刺激するタンニン。

2021.03.23

ほほを刺激するタンニン。

阪森鶏輔の裏方中の裏方、YJ KOHです。

今日はワイン。

阪森鶏輔でずっとお出ししているワインなのですが、めちゃくちゃ美味しい1本。

セバスチャーニ メルロー ノース コースト。

カリフォルニアのノースコーストの中の選りすぐりのブドウを使って作られている1本。

とにかく優しい。

メルローのうまさをしっかり感じる甘さのあと、ほほを刺激するタンニンが素晴らしい。

カベルネ・ソーヴィニヨンはちょっと濃すぎるという方にはぴったりですし、本当に優しいという言葉がぴったり。

余韻がずーっと続くので、本当に豊かな気分になります。

豊かとえば武豊ジョッキー、ぼくは武豊ジョッキーの大ファンなのですが、なんと骨折…。

この春は日経賞と天皇賞・春のワールドプレミアに高松宮記念レシスタンシアに大阪杯のアドマイヤビルゴ、桜花賞のメイケイエールに皐月賞のヨーホーレイクに有力馬が勢揃いだったのに全部乗り替わり。

本当に無念でしょうが、5月には復帰されるそうなので、神様がくれたおやすみだと思って英気を養っていただきたいです。

武豊ジョッキーは「プイィ・フュイッセ」という白ワインが大好物だそうで、プイィ・フュイッセを飲んで5月以降大暴れしてほしいです。

競馬を知らない方には、なんの話やねん、という内容でした。

3月末までは21:00までの時短営業となります。


夙川・苦楽園・芦屋で焼き鳥なら阪森鶏輔へ

一覧へもどる